メッセージ

新国立劇場 バレエ研修所長 牧 阿佐美

新国立劇場バレエ研修所は、2001年4月に開所し、プロのダンサーになるための研修を行っています。
研修生は2年の研修期間のうちに、ダンサーとして必要な技能を磨き、様々な講義等で、知識や教養を身に付けてから、プロフェッショナルなダンサーとしての舞台活動に入って行きます。

また、2009年4月より、若年層を対象とした予科生の制度を設置しております。
心身の柔軟な時期に、古典バレエの基礎的な技術を徹底して習得し、さらにバレエダンサーとしてバランスの取れた美しい身体の養成に努めています。

バレエ研修所はこれからも益々質の高いダンサーの育成に力をそそいで参る所存でございます。
皆様のご理解と温かいご支援を心からお願い申し上げます。

プロフィール

1934年、東京出身。母はバレエダンサーであり、橘バレヱ学校初代校長の橘秋子。幼時より母にバレエを教わり、1954年米国に留学、アレクサンドラ・ダニロワ、イゴール・シュヴェッツォフに学ぶ。

1956年、母と共に牧阿佐美バレヱ団を結成。同バレヱ団で古典から創作作品まで数々の主役を務める。1968年には振付家としてデビューし、黛敏郎作曲『ブガク』、芥川也寸志作曲『トゥリプティーク』、團伊玖磨作『シルクロード』を振付して注目された。
1971年に母が死去した後、現役を引退して牧阿佐美バレヱ団主催者、橘バレヱ学校長に就任。以来、卓越した指導力で多くの舞踊手の育成に携わり、振付家としてもめざましい活躍を続けている。

1999年7月~2010年8月、新国立劇場舞踊芸術監督
2000年には『ラ・バヤデール』をプティパ版を基に自ら振付し、日本人として初めて新国立劇場で行った古典バレエの改訂振付として話題を呼んだ。
2004年に『ライモンダ』全幕の改訂振付を行い、この年の朝日舞台芸術賞を受賞。
2009年ロシア文化省、ボリショイ劇場からの招待を受け、牧阿佐美振付の『椿姫』をボリショイ劇場で上演。
そのほか監修及び演出振付作品として、2006 年『白鳥の湖』、2009 年『くるみ割り人形』がある。

2001年4月~ 新国立劇場バレエ研修所所長に就任
第1回(2006年1月)、第3回(2011年3月) 国際バレエ学校フェスティバル(米国ケネディ・センター)バレエ研修所参加
2013年11月 ボリショイバレエ学校240周年記念国際バレエ学校フェスティバル(国立クレムリン宮殿)バレエ研修所参加
2018年6月 ワガノワ記念ロシア・バレエ・アカデミー280周年記念ガラ・コンサート(ボリショイ劇場・国立クレムリン宮殿)バレエ研修所参加

2006年1月 国際バレエ学校フェスティバルにて『シンフォニエッタ』を振付
2019年3月 バレエ研修所公演「エトワールへの道程2019」にて『ダンス・ダンス・ショパン』を振付

受賞歴
1984年 ニムラ賞
1987年 芸術選奨文部大臣賞、東京新聞舞踊芸術賞、舞踊批評家協会賞
1996年 紫綬褒章を受章
2004年 フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章
2008年 文化功労者に選ばれる