新国立劇場バレエ団とは

日本最高峰のバレエ団として

 新国立劇場バレエ団は、新しい舞台芸術の拠点として開場した劇場とともに、島田廣初代芸術監督のもと、1997年に発足しました。レパートリーは古典をはじめ、アシュトン、バランシン、プティ、マクミランといった振付家による20世紀の名作から、エイフマン、ドゥアト、マーネン、サープ、ビントレー、ウィールドンなどの現代振付家の作品まで多岐に渡ります。また、新国立劇場オリジナル作品のレパートリー化を図るなど、バレエ団としての独自色も打ち出しています。

 2004年には当時の芸術監督牧阿佐美による改訂振付作品『ライモンダ』で、朝日舞台芸術賞を受賞。2008年には米国ケネディ・センターにおいて海外デビューを果たし、翌2009年にはモスクワ・ボリショイ劇場に招待され、牧阿佐美振付のオリジナル作品『椿姫』を上演し大きな成功を収めました。海外では、ソリスト陣とともに、特に美しいコール・ド・バレエが絶賛され、国際的にも高い関心と評価を得ました。

 2010/2011シーズンには、2008年に新国立劇場バレエ団のために新作の全幕バレエ『アラジン』を振り付けた、現代英国を代表する振付家デヴィッド・ビントレーが芸術監督に就任。2011年には同じく彼の振付による全幕バレエ『パゴダの王子』が世界初演されました。その後、バレエ団は2014年に芸術監督に就任した大原永子のもと、古典やドラマティック・バレエ作品をこれまで以上に高い水準で上演し続けます。当バレエ団最大規模のプロダクションとなるウィールドン振付『不思議の国のアリス』の国際共同制作による上演のほか、数々の新制作も成功を収めました。そして2020/2021シーズンからは、英国で長年プリンシパル・ダンサーとして活躍してきた吉田都を芸術監督に迎え、新国立劇場バレエ団はさらなる進歩を目指します。

新国立劇場バレエ団ファン必読の1冊
「2020/2021シーズンバレエプログラム」

新国立劇場バレエ団 2020/2021シーズンバレエプログラム

美しい写真とダンサーたちの素顔に迫る記事も満載です。
バレエ公演時の劇場ロビーと
Webシアターショップで販売いたします。

Webシアターショップ